1204

2017

学生の活動
学生・教員の活動

by ogura
at 2017-12-04

映像メディア学科4年生の3名が愛知芸術文化センターにて
「Installation Group Exhibition」というグループ展を行います。
卒業制作展を前に行うインスタレーション展になります、
ぜひ足をお運び下さいませ。

「Installation Group Exhibition」
期間:2017年12月12日(火)〜12月17日(日)
時間:10:00〜18:00 (最終日は17時まで)
会場:愛知芸術文化センターアートスペースX
出展者:愛川颯丈、岩井春華、津曲洸太

- – - – -
Installation Group Exhibition
名古屋学芸大学映像メディア学科に在籍する3人の学生によるグループ展。
インスタレーションという表現手法を用いて、各々の関心に基づき制作した作品をグループ展という形で展示する。

愛川颯丈:精神と肉体をテーマにした立体作品
岩井春華:主に夢の追体験や無意識をテーマにした映像インスタレーション
津曲洸太:人工知能や情報工学をテーマとしたメディアアート

この3名によるバラエティに富んだ作品展示を行う。




1120

2017

学生の活動
教員の活動

by admin
at 2017-11-20

インターリンク:学生映像作品展(ISMIE)2017 が11/25(土)13:30より愛知芸術文化センター(名古屋市・栄)にて開催されます。本学科の学生作品も上映されます。
また、公開トークとして、本学教員:伏木啓(映像メディア学科准教授)と齋藤正和(映像メディア学科専任講師)が登壇します。どうぞ、ご高覧ください。


インターリンク:学生映像作品展(ISMIE)2017 <名古屋会場>
主催:日本映像学会 映像表現研究会・愛知県美術館
   ※第22回アートフィルム・フェスティバルと同時開催

日程:11月25日(土)13:30〜
会場:愛知芸術文化センター12階アートスペースA
入場無料

-13:30より 代表作品プログラム I
-15:00より 代表作品プログラムII
-16:30頃より公開トーク
上映プログラム詳細

◎公開トーク登壇者(予定)
-伊奈 新祐(京都精華大学 芸術学部 教授)
-越後谷卓司(愛知県美術館 主任学芸員)
-奥野 邦利(日本大学芸術学部 教授)
-前田 真二郎(情報科学芸術大学院大学 教授)
-齋藤 正和(名古屋学芸大学メディア造形学部 専任講師)
-伏木 啓(名古屋学芸大学メディア造形学部 准教授)※司会
ほか

◎ISMIE2017 参加校
イメージフォーラム映像研究所
大阪芸術大学 芸術学部
九州産業大学 芸術学部
京都精華大学 芸術学部(2017年度幹事校)
久留米工業大学
尚美学園大学
情報科学芸術大学院大学
椙山女学園大学 文化情報学部
成安造形大学 造形学部
宝塚大学 東京メディア芸術学部
東京工芸大学 芸術学部
東京造形大学 造形学部 デザイン学科 映画専攻
東北芸術工科大学 映像学科
名古屋学芸大学 メディア造形学部(2017年度幹事校)
名古屋市立大学 芸術工学部
日本工業大学 情報工学科
日本大学 芸術学部(2017年度幹事校)
文教大学 メディア表現学科
北海道教育大学


1012

2017

学生の活動
学科イベント

by admin
at 2017-10-12

今年も映像メディア学科3年次制作展『ゼミ展』を開催致します。

学生達が1・2年生で学んだ基礎と3年生で自ら選んだゼミと専門領域を修めつつ、
フォト、映画、3DCG、TV、サウンド、インスタレーション、アニメーション等
領域の枠を超えて広く映像メディアを学んだ成果を制作・研究として発表します。

名古屋外国語大学の大学祭と同時開催になりますので、是非お越しくださいませ。

<第14回映像メディア学科3年次制作展『ゼミ展』>

【会期】
2017年10月28日(土)-29日(日)

【時間】
10:00-17:00

【出品数】
113名、91作品

【会場】
名古屋学芸大学 メディア造形学部棟
〒470-0196 日進市岩崎町竹ノ山57 メディア造形学部棟

【アクセス】
地下鉄「上社駅」、「赤池駅」より無料の大学専用バスを運行。
長久手古戦場駅から名鉄シャトルバスを運行。(有料)
駐車場はございませんので、公共交通機関でお越しください。
※ゼミ展のフライヤー、DMの案内では名鉄シャトルバスについて
無料と表記されていますが、正しくは有料の誤りでした。訂正してお詫び申し上げます。

【お問い合わせ】
0561-75-2815(映像メディア学科)


0904

2017

卒業生の活動
学生・教員の活動

by ogura
at 2017-09-04

隔年で開催されるメディアアートの展覧会「大名古屋電脳博覧会2017」に
本学卒業生が出品をします。
最終日の10日の13時からは公開プレゼンテーションも行います。
愛知県内の芸術芸五大学のメディアに関わる学生、卒業生による
電脳アート、電脳デザインをぜひご高覧ください。


「大名古屋電脳博覧会2017」

【日時】9月6日(水)~9月10日(日) 10時~19時(最終日は17時まで)
    ▶︎公開プレゼンテーション:9月10日(日)13時~16時

【会場】名古屋市民ギャラリー矢田 第1~7展示室

【アクセス】名古屋市営地下鉄名城線ナゴヤドーム前矢田駅下車、1番出口徒歩3分

【参加大学】※五十音順
 ・愛知県立芸術大学
 ・愛知産業大学
 ・名古屋学芸大学
 ・名古屋芸術大学
 ・名古屋造形大学

【出品者】足立一馬、小川真希、榊原淳子、所遥菜

http://nagoyadenno.com


- – - – -
【主催】公益財団法人名古屋市文化振興事業団 [市民ギャラリー矢田]

【特別協賛】リンナイ株式会社

【協催】株式会社エーアンドブイ、株式会社光響社、株式会社三光、東芝エルティーエンジニアリング株式会社、株式会社YAMAGIWA、株式会社若尾綜合舞台

【協力】株式会社タケナカ


0904

2017

学生の活動
学生・教員の活動
教員の活動

by ogura
at 2017-09-04

大名古屋電脳博覧会2017特別企画としてパフォーマンス公演「dialogue ダイアローグ」を行います。
映像メディア学科准教授の伏木啓がディレクションを、
またパフォーマーとして学生が出演致します。
ぜひご高覧下さいませ。


- – - – - –
dialogue ダイアローグ

2017.09.09(土) 14:00 / 18:00 2回公演 ※開場は各30分前
東文化小劇場ホール 全席自由
https://www.bunka758.or.jp/img/scd14/20170906-0910_22.pdf

入場料|一般2,000円/学生・友の会・障がい者等1,500円(前売当日共) ※未就学児入場不可
チケット取扱|東文化小劇場・ギャラリー矢田他、名古屋市文化振興事業団が管理運営する施設窓口

わたしたちの日常において、ディジタルメディアの介在しない状況は、もはや考えられなくなっています。
そればかりか、一定の条件下では、人工知能が人の思考を凌駕する現在、わたしたちのコミュニケーションの形態や環境も刻々と変化しています。
そのような環境における、「わたし」と「あなた」という二者の素朴な関係性を起点とするパフォーマンスです。

ディレクション|伏木啓
ダイアグラム・デザイン|森真弓
インタラクション・デザイン|外山貴彦
オブジェクト・デザイン|井垣理史
サウンド・デザイン|牛島安希子

パフォーマンス
野老真吾 / 下澤奏予 / 鈴木寛子 / 林大貴 / 林菜々子

テクニカルスタッフ
せきみつほ / 大野友莉 / 後藤紀郁 / 山本響子 ほか

音響|岡野憲右

制作|大名古屋電脳博覧会2017dialogue実行委員会

特別協賛|リンナイ株式会社
協賛|株式会社エーアンドブイ、株式会社光響社、株式会社三光、東芝エルティーエンジニアリング株式会社、株式会社YAMAGIWA、株式会社若尾綜合舞台
協力|株式会社タケナカ

主催|公益財団法人名古屋市文化振興事業団[東文化小劇場]


東文化小劇場
■名古屋市東区大幸南一丁目1番10号カルポート東 3・4F [市民ギャラリー矢田・東図書館・東スポーツセンターに併設]
■TEL 052-719-0430

【交通アクセス】
 ・地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」下車  1番出口南へ徒歩5分
 ・ゆとりーとライン「ナゴヤドーム前矢田」下車 南へ徒歩3分
 ・市バス「大幸」下車 徒歩5分(名駅15号系統、 東巡回系統)


2017

2016

2015

2014

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

2013

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

2012

2011

2010

2009

2008

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

2007

2006

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

2005

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12